国会ウォッチ!

知ってるようで意外と知らない。そんな国会の様子をレポートします。

財政金融委員会で、今静かに話題になっている事案について、静かに追及がありました

今週に入ってから国会ではあまり目立った動きは無いようですが、常任委員会が少しずつ動き始めたようです。

 

そんな中で今回注目したのが、2月15日(水)に開催された財政金融委員会。

金正男氏暗殺や石原元都知事の証人喚問やらのニュースの陰に隠れていますが、

www.asahi.com

元々は豊中市議会の木村真議員が近畿財務局に情報公開請求をしたのがきっかけでしたが、当時はあまり大手メディアでは取り上げられていませんでした。

ところが非公開決定をした近畿財務局が「よけいな詮索をされたくない」と公開した結果、かえって話がややこしくなったという次第。

 

この問題については20日(月)の予算委員会での追及が報じられていましたが、実は15日(水)の財政金融委員会でも、すでに日本共産党宮本岳志議員が質問していました。

この時のやり取りは、まだ会議録になっていませんが、日本共産党の機関誌である「赤旗」で記事になっています。

森友学園への国有地売却 8億円値引き 口実崩壊/埋設ゴミ処理 未確認/宮本岳志議員 理事長の参考人招致要求/衆院委

 

森友学園というところは、なんでも「愛国教育」を掲げて、戦前のような教育をしているそうです。

www.mizuhonokuni.ed.jp

 

まあ、それ自体は個人の信条の問題ですし、教える方も学ぶ方も同意の上ですから、どうこう言う話はちょっと違うと思います。

しかし、時の権力者の「口利き」で、何らかの不正が行われたとしたら、これは話が別です。

 

トランプ大統領との会談も無事終えて、絶頂ともいえる状況の安倍総理大臣ですが、ひょっとすると思わぬところで足をすくわれるかもしれませんね。

 

この件は、さすがに野党も「絶好のネタ」と思っているようなので、審議の経過に注目していこうと思います。