国会ウォッチ!

知ってるようで意外と知らない。そんな国会の様子をレポートします。

ご無沙汰しております。こうしている間にもどんどん法案が・・・

ちょっと体調不良などもあり、前回から更新がだいぶ滞ってしまいました。

その間に、国会では「森友学園問題」で、とうとう証人喚問まで行われて、ほとんどの審議はストップ状態のようです。

 

審議は止まっていても、政府は法案をどんどん出してきます。

ほとんどは既存の法律の一部改正案で、3月7日から10日にかけて、18もの法案が提出されました。

この内、

港湾法の一部を改正する法律案

・通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案

港湾法の一部を改正する法律案

住宅宿泊事業法案

は、いわゆる「観光立国」に向けた規制緩和が目的の法改正案です。

 

また

医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律案

国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案

学校教育法の一部を改正する法律案

医療法等の一部を改正する法律案

は、安倍政権が提唱する「成長戦略」の一環としての規制緩和や法整備になります。

 

そして

地方公共団体情報システム機構法等の一部を改正する法律案

・電子委任状の普及の促進に関する法律案

地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律案

地方自治法等の一部を改正する法律案

は、地方自治体の事務の効率化を促進するための関連法案となります。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案

特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律の一部を改正する法律案

は、それぞれ環境省経済産業省から提出の法案ですが、共に世界的な環境問題に関連した各種条約の締結に向けて体制を整えるためのものです。

 

この内、

●医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律案

は、個人情報保護の問題も密接に絡んでくる問題なので、慎重に審議してほしいものですが・・・

今国会最大の目玉となるはずだった「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」も、影が薄くなってきている今日この頃。

気がついたら成立してました、だけは勘弁してほしいですね。