読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国会ウォッチ!

知ってるようで意外と知らない。そんな国会の様子をレポートします。

中小企業のための重要な法案です

共謀罪やら、加計学園やらで国会は大荒れの様子ですが、その陰で非常に大切な法案の審議が、衆議院経済産業委員会で行われています。

それが、こちら

www.meti.go.jp

日本の屋台骨を支えているのは、一握りの大企業ではなく、日本の全企業の90%以上を占めると言われている中小企業です。

そんな中小企業は、資本が大きくないだけに何か投資をしたくても簡単にはいきません。

銀行は絶対に損をしないように、徹底的に担保を要求してきますので、「中小企業の発展」には何の役にも立ちません。

また大規模災害が相次ぐ昨今、中小企業がひとたび甚大な被害を被れば、復旧するのは至難の業です。

 

そこで非常時のセーフティーネットの確保や、事実上の公的金融機関である信用保証協会による中小企業への資金援助など、中小企業の経営安定のために必要な法改正をするのが、現在審議中の法案です。

 

この法案で、中小企業の経営がどこまで安定できるかは、最終的には個々の企業の努力に帰するわけですが、能力のある中小企業が制度の問題で、みすみす消えていくということが無いように、ある程度の公的支援はやはり必要です。

 

センセーショナルな法案ではありませんが、こういう法律が世の中を支える本当の力になってくれるのです。