国会ウォッチ!

知ってるようで意外と知らない。そんな国会の様子をレポートします。

国会議員の給料について

先月、第193回国会が閉会した後、現在は内閣委員会と文部科学委員会が、衆議院参議院それぞれで閉会中審査という形で開催されています。

 

そこで素朴な疑問。

「閉会中審査に出ている国会議員の給料はどうなっているのか?」

 

国会議員の給料は「歳費」と言います。

歳費については、まず憲法第49条で「両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける」と、支給される根拠が定められています。

そして、この「法律の定めるところにより」を補強する意味で、

国会法

国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律

国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」の第13条に基づき両議院の議長が協議して定める「国会議員の歳費、旅費及び手当等支給規程」

が定められています。

 

現在国会議員の歳費の額は国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」の第1条で

各議院の議長は二百十七万円を、副議長は百五十八万四千円を、議員は百二十九万四千円を、それぞれ歳費月額として受ける。」

と定められています。

この金額については、その時その時の時勢や一般公務員の給与などと比較して調整が行われます。

もっとも自分たちの給料の額を自分たちで決めるという仕組みですから、お手盛りになる恐れは常にあります。

 

さて今回気になった「閉会中審査での国会議員の歳費はどうなるのか?」ですが、結論から言うと・・・

 

閉会中だろうがなんだろうが、毎月歳費は支払われます。

そう!実際に国会に出ていなくても、国会議員である間は、毎月歳費が支払われる仕組みなんです。

ですから、秘書に暴言吐いたのがバレて、病院に「入院中」であっても、浦和レッズにケンカを売って炎上する以外、仕事をしているのかどうか分からない状況であっても、毎月歳費が支給されます。

 

これは建前として「国会議員は、国会の外においても国政に関する様々な調査や研究などの活動をしなければならないから」という理由からです。

 

なんか納得いかん!と言いたくなるような状況ですが、そもそも国会議員がしっかり国政に取り組んでいれば、こんな話は出てこないわけです。

 

やはり選挙で投票するのは、安直ではいけないということですね。